用語集

ホールIC

 hall IC
磁界と垂直な方向に移動する電荷が、移動方向と磁界の両方に垂直な方向にローレンツ力を受けること(ホール効果)を利用し、マグネットの磁力を電気信号に変換する磁電変換IC。センサ部(ホール素子)と周辺回路(増幅回路やシュミットトリガ)が同一パッケージに形成されており、マイコンなどに直接ロジックレベルで入力できる。ホールICは、FDDのインデックスセンサ、モータの回転数検出、ブラシレスモータのコイル通電相切換センサ、テープレコーダのオートリバース/オートストップセンサなど多彩な分野で使用される。