用語集

検査治具のQMS TOP | 用語集 | ドーピング

ドーピング

doping
半導体の製造工程では、純粋な半導体にごく少量の添加物を混入(添加)することをいう。添加物は通常、不純物(ドーパント)と呼ばれ、ドープされた半導体を不純物半導体と呼ぶ。添加物の種類と濃度によってさまざまな性質の半導体を形成する。添加物には、ドナーと呼ばれるⅤ族の元素(リン、ひ素、アンチモンなど)と、アクセプタと呼ばれるⅢ族の元素(ホウ素、ガリウム、インジウムなど)がある。ドナーをドープすると、自由電子が増え、n 型半導体となる。一方、アクセプタをドープすると、電子の欠乏による正孔が発生し、p型半導体となる。