用語集

開口数

numerical aperture(NA)
対物レンズの光学的な性能を決める重要な要素の一つ。対物レンズの開口数が大きいほど分解能が高くなり、より微小な寸法での加工や微細な像観察が可能となる。開口数は次式で表される。開口数(NA)=n sinθ。ここでn は試料と対物レンズとの間にある媒質の屈折率(空気は n=1)、θはレンズの一番外を通る光線(周縁光線)と光軸とで形成される角度である。