用語集

検査治具のQMS TOP | 用語集 | エージング試験

エージング試験

製品出荷前の試験として行われるものは「エージング試験」などとも呼ばれ、実際の使用環境や使用法と同じように稼動させてみて、性能や機能が仕様通りに発揮されるか、不良箇所などが無いかなどを調べるものを指すことが多い。また、高温や低温、多湿、高負荷など過酷な条件下で長時間あるいは長期間連続で運転して故意に製品を劣化させ、耐久性や耐用期間を検査、検証する試験を指すこともあり、製品開発などの工程で行われる。
機器の使用開始前に行われるエージングは機械製品などの初回使用時や検査、修理などの後に初めて使用する際に行われるもので、ある程度の時間(機器の種類などにより異なる)実際と同じように運転することで、内部の部品や接合部などの物理的な特性を安定させ、常に同じ能力を発揮できる状態に慣らすために行われる。