用語集

圧電体

外力を加えると電圧が発生し(圧電効果)、電圧を加えると外形がひずむ(逆圧電効果)性質をもつ材料のこと。水晶(クォーツ)などの結晶ほか、ある種のセラミック材料にもみられ、圧電セラミックスと呼ばれます。交流電流を加えると振動するので、圧電ブザーや超音波発生装置の振動子などに用いられます。携帯電話の圧電レシーバほか、セラミックレゾネータも圧電セラミックスを利用した電子部品です。